うんちく

  1. 女児祝い着の文様のいわれ(11)

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。

    続きを読む
  2. 男児祝い着のいわれ(2)

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。

    続きを読む
  3. 女児祝い着の文様のいわれ(10)

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。花は端(はな)に通じることから神仏の舞い降りるところとされ、花を御前に供える風習が生まれました。

    続きを読む
  4. みすゞさんの詩に初夢の宝船の絵のことが…

    先日、宝船の枕絵のことを解説したときに、元日に「お宝~ お宝~」といって売り歩く人がいたことを書きましたが、みすゞさんの詩にそのことをうたった詩があります。仙崎でもみすゞさんの時代そんな人がいたのでしょうか?以下にその詩をご紹介します。ゆめ売り年のはじめにゆめ売りは、よいはつゆめを売りにくる。

    続きを読む
  5. 宝ふねの枕絵進呈

    今年もあと十日あまり。お世話になったお客様に宝船の枕絵を進呈しております。以前はカラーの絵を使っていました。今は史実のもとづいて獏の入ったこの絵にしています。これは以前京都に行ったときに下賀茂神社で宝船の枕絵の頒布を再会したというニュースを聞いて研究したものです。

    続きを読む
  6. 女児祝い着の文様のいわれ(9)

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。檜扇文は平安時代より文様化し、扇文様の中でも最も優雅に富み、あでやかなものです。

    続きを読む
  7. いよいよ明日より開催!わたやの歳末感謝祭

    今年最後を飾るわたやの歳末感謝祭がいよいよ明日よりルネッサながとにて開催いたします。問屋さんの蔵出し大処分品をはじめこの寒い冬を乗り切るためのダウン製品など盛りだくさんの内容です。ご来場お待ち申し上げております。

    続きを読む
  8. お仏壇の上には、仏間額が必要です。-歳末感謝祭に展示ー

    お仏壇の上が「空ーくうー」ではバランスが悪いので必ず仏間額もしくは家紋額などを掲げます。これは、神社の鳥居や山門に額が掲げられているのと同じような考えで、天地が揃うと言う考えです。

    続きを読む
  9. 念珠の仕立直し

    きものを仕立て直すと新品になるのと同じように、数珠も糸と房を替えるとまるで新しくなります。特に故人の使用されていた念珠は「因縁を引き継ぐ」といってそのまま使用することはタブーとされています。価値や思い出のあるものは、お仕立直しされることをおすすめします。

    続きを読む
ページ上部へ戻る