きもの

  1. 宮参り祝い着文様解説

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。花は端(はな)に通じることから、神仏の舞い降りるところとされ、神前や仏前に供える風習が生まれました。

    続きを読む
  2. 宮参り祝い着文様解説

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。

    続きを読む
  3. 宮参り祝い着文様解説

    右肩より左下方に向かって描かれているのは、束ね熨斗です。熨斗は神前に供える鮑のしのことですが「のし」が「延し」に通ずることから古来より縁起物とされて来ました。束ねるほどたくさんの熨斗は大勢の人から祝福を受けたという意味と、たくさんあるから人にも幸せを分け与えなさいという意味があります。

    続きを読む
  4. 男児祝い着のいわれ(1)

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。

    続きを読む
  5. 女児祝い着のいわれ(2)

    右肩より左下方に向かって描かれているのは、束ね熨斗です。熨斗は神前に供える鮑のしのことですが「のし」が「延し」に通ずることから古来より縁起物とされて来ました。束ねるほどたくさんの熨斗は大勢の人から祝福を受けたという意味とたくさんあるから人にも幸せを分け与えなさいという意味があります。

    続きを読む
  6. 宮参り祝い着

    きものに描かれた紅の霞は湧き上がる水を表します。暁のような紅の霞は、まだ生まれたばかりの桜花や鞠に生命の基となる水を与え、やさしく育んでくれているようです。花ははかないものですがきものに描かれたは花は永遠の命を持ちます。

    続きを読む
  7. フォーマルきもの

    ●サービス内容 (きもの・和装関連品)◆お子様・一つ身宮参りきもの・一つ身でんちセット・七五三・十三参り◆大人・振袖・黒留袖・訪問着・付下げ・色無地・お召し・小紋お子様一つ身宮参りきもの男児、女児 (文様解説書付き)お子様が誕生されて、100日目頃の日柄の良い日に産土神にお参り...

    続きを読む
  8. カジュアルきもの

    招待状がとどいて着るきものが礼装(フォーマル)それ以外の時に着るきものがカジュアルきもの(おしゃれきもの)です。洋服でいえば、結婚式やお葬式、パーティのときだけに着る洋服が礼装。それ以外がカジュアルということになります。

    続きを読む
  9. 男性のきもの

    男性の第一礼装は、黒の五つ紋付で羽織、袴です。お茶や謡曲の場合は羽織は着用しませんがこれは芸能だったり、刀を置いて茶室に入ることに由来しているようです。ついでお召しの一つ紋の羽織に無地袴。きものはお召しや無地の紬になります。いくら高価でも大島紬や結城紬等亀甲柄や絣の着物は、普段着となります。

    続きを読む
  10. 作務衣、陣羽織、綿入れなど既製品、誂え品

    作務衣、袖なし、陣羽織、綿入れなど既製品、誂え品など多様なご要望にお答えしたいと考えています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る