新着情報

  1. 梅田みすゞさん

    親子三人でご来店いただき撮影させていただきました。お父様が本当にうれしそうで、こちらもうれしくなりました。

    続きを読む
  2. 有山みすゞさん

    店でボーっとしていたら突然ご来店いただきました。知的でチャーミングな方でした。

    続きを読む
  3. 数珠十訓

    念珠の歴史と数珠のいわれ数珠は、古来インドで、修行者が念誦(ねんじゅ)のために使用したものであり、それゆえ「念誦の輪」とも申します。これを腕にかけ合掌しますと、迷いからさめ、正しい智恵が生まれて、やがて悟りの世界に入ることが出来ると伝えられています。

    続きを読む
  4. 宮参り祝い着文様解説

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。オシドリは仲むつまじく泳ぐその姿から夫婦和合の鳥として古来より大切にされ、吉祥文様として描かれてきました。

    続きを読む
  5. 宮参り祝い着文様解説

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。花は端(はな)に通じることから、神仏の舞い降りるところとされ、神前や仏前に供える風習が生まれました。

    続きを読む
  6. 宮参り祝い着文様解説

    きもの、特に礼装のきものは、寿ぎの心を文様に託します。わたやではお宮参りの祝着をお買い上げいただいたお客様に祝着に描かれた文様のいわれを解説してお渡ししております。

    続きを読む
  7. 酒まつり行ってきました。

    先ずは蔵めぐり。「加茂鶴」「白牡丹」「亀齢」を廻りました。ここで試飲やらなにかで相当いい気分。空腹でお酒を飲んで、これは悪酔いしそうと何か食べようと思ってもあまりの人の多さに食べるところも無く、「富士宮やきそば」を立ち食いしました。

    続きを読む
  8. 女優 藤田朋子さんみすゞさんになる

    2008年「旅サラダ」という番組のロケで金子みすゞ記念館に来られた時の休憩時間にみすゞさんになって写真撮影をさせていただきました。

    続きを読む
  9. 宮参り祝い着文様解説

    右肩より左下方に向かって描かれているのは、束ね熨斗です。熨斗は神前に供える鮑のしのことですが「のし」が「延し」に通ずることから古来より縁起物とされて来ました。束ねるほどたくさんの熨斗は大勢の人から祝福を受けたという意味と、たくさんあるから人にも幸せを分け与えなさいという意味があります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る